血液クレンジング(オゾン療法)って何ですか?

血液クレンジングってどんなことをするの?

血液クレンジングと聞いて、簡単に意味はわかりますよね。「血をきれいにする(クレンジング)」するということです。主にヨーロッパでで行われているオゾンを使った治療のことです。具体的には、自分の血を100~200cc採血して、オゾンガスを混ぜて、また自分の体の中に戻すという方法です。自分の血をつかっているので、安全ですよね。オゾンガスというのは、強い殺菌作用を持つもので、血液の中に混ぜることによって、全身を巡って不調を改善させてくれるのです。

血液クレンジングができる所は?費用は?

どこでできるかというと、専門の医療機器・採血が必要になるので、もちろん医療機関で行わなければいけません。この点でも安心ですね。ただ、まだ日本では施術施設数は少なく、どこでも受けれるわけではないようです。費用は健康保険適用外になり、大体2万~3万円といったところでしょうか。どれくらいの頻度で実施するのかといわれると、これは人によって違いますよね。月1回が妥当かと思いますが、お金に余裕がある人は、週に2回という人も聞きます。

さまざまな体の不調に効果あり!?

効果はどうかというと、ヨーロッパでは保険適応がされており、多種多様な不調に効くと言われています。一番に挙げられるのが、がん・悪性リンパ腫です。みなさんはがんと聞くと、ある一つの器官だけががんに侵されているように思いませんか。しかし、一番怖いのは、転移といわれるもので、がん細胞が血液・リンパ液を通じて、別の器官を侵し始めます。それを抑えてくれるのが、血液クレンジング(オゾン療法)なのです。もちろんがんだけでなく、全身への殺菌作用があるわけですから、悪い部分を消してアンチエイジング効果や免疫機能の改善が期待できると考えられるでしょう。

血液クレンジングとはドロドロの血液を体外に出しオゾンで洗浄することで、健康や美肌にも効果があり病気治療としても用いられています。