加圧トレーニングで本気で筋肉をつけて太りにくい体作りをする!

意識したトレーニングを行う事が大切!

気軽にすぐ行えるトレーニングとして腕立て伏せや腹筋、部屋で行える体操など様々な方法があります。これらは自重トレーニングですが、本気でリバウンドしにくい体作りを行いたいと思うならば、脂肪を燃焼させやすい体作りが必要です。そのためには体の筋肉量を増やす事が重要となりますが、ただ気が向いた時だけトレーニングをするとか、腹筋を○○回頑張ったからそれで満足といった自己満足のトレーニングでは効果は薄いでしょう。本気で自分の体を変えたいと思うなら意識を集中させて生活の中にトレーニングの習慣を組み込むことが大切です。ジムなどに入会してみて会費を払うことで、無駄にしないためにも真剣に行おうという動機付けを行うのもひとつの方法です。さらにジムには様々な加圧トレーニングマシンが設置されているためお勧めです。相談出来るスタッフがいるのもポイントです。

効率をあげる上での栄養補給のタイミングは?

トレーニング後は筋肉痛を経験することがありますが、しばらくすると筋肉痛は消えます。この筋肉痛の期間は筋肉が超回復している期間で、この回復期間に筋肉は大きくなります。その為、筋肉が修復作業を行うあいだに効率的に筋肉の構成要素であるタンパク質を取り入れることによって筋肉を大きくする事が可能です。低脂肪・高タンパクの食事を心がけるようにしましょう。栄養摂取のタイミングとしては、トレーニング後、1時間以内にタンパク質を摂取することが最も効果的です。ジムなどで多くの方々がプロテインを摂取している光景を目にするのは効率的な筋肉を付けるため手軽にタンパク質を摂取できる手段であるからです。こうした手軽なプロテインではなく、もし実際にトレーニングが終わってロッカールームなどでササミや鶏肉を食べていたりするなら周りにも迷惑になってしまいますよね。トレーニングの前よりもトレーニングの後に栄養補給することが筋肉を付ける上では効率的です。ただし脱水症状にならないように水分補給は忘れないようにしましょう。

休息の重要性を理解して効率的に筋肉を付ける!

毎日トレーニングを行えば効果的に筋肉がつくかというとそういうわけでもありません。トレーニングを行ったあとは筋肉を休ませて超回復させる期間が重要です。この回復期間が筋肉量を増やし、太りにくい体を作って行きます。それでトレーニングの流れとしてはまず加圧トレーニングを20~30分程行い、その後、ランニングやサイクリングなどの有酸素運動を行います。合計で2時間程時間が取れれば十分でしょう。その後、1時間以内にタンパク質の摂取を行い、それからは休息期間に突入です。トレーニングを行った日から2~3日の期間は休息期間としましょう。1週間で2~3日をトレーニングの日にしてそのほかの日は筋肉を休息させるための期間とします。正しい知識でのトレーニングと栄養補給。そして休息をとることが筋トレ成功のための鍵と言えます。

加圧トレーニングなら横浜で評判の良いスタジオを選択することで、充実したレッスンが受けられると共に納得のいく効果も期待できます。