これでワキガとさようなら。原因と対処法とは

実は日本人に多いわきが

実はわきがって、日本人に多いのはご存じでしょうか。正式名は臭汗症といい、本来汗は出てきたばかりの物は、ほとんど匂わないんですよ。では一体あのツンとした臭いの原因はなんでしょうか。実はもうひとつの汗腺である「アポクリン腺」が、肌に付着している菌の臭いを、汗と共に拡散させてあのツンとした臭いがします。そして、ワキ毛も汗を留めてしまうため、そこに溜まった汗に菌が増殖してしまい、更なる臭いの原因となってしまいます。

日本人は臭いに敏感…

そもそも、日本人は綺麗好き。欧米などではわきがは日本人に比べて多いのにも関わらず、さほど問題にはなっていません。日本人の10人に1人はわきが体質なので、自分だけだと悩む必要はありません。世界では、そもそも入浴を毎日してる所は少ないのです。それに比べて日本人は毎日入るのが当たり前。汚れるたびに綺麗にする人もいるほど。その為、体から悪臭がすることをとても嫌がるのです。世界でも日本は臭いに敏感で有名な国となっています。

食生活を見直して見ましょう

わきがを治す方法としては、アポクリン腺を除去する手術があります。そして日頃から衛生的にし、脇を清潔にすることを心がけ、日常のケアとして制汗料を利用して、臭いケアをしましょう。そして、食生活も重要です。欧米の様な高カロリー高脂肪な食事は、皮脂腺やアポクリン腺を活発にしてしまいます。穀物や野菜や魚には、わきが対策に必要な栄養素がたくさん詰まっています。日頃の食生活を見直し、清潔を心がけて、わきがとさよならしましょう。

わきがは脇の下や陰部、耳の中、乳輪、肛門に存在する汗腺のアポクリン腺の数が多い事が原因とされています。