嫌なにおいで周囲をも困らせるワキガをどうにかしたい

剪除法には抵抗がある

ワキガの治療法というとまず思い浮かぶのが剪除法でしょう。脇の下の皮膚を数センチ切って皮膚を裏返し、アポクリン汗腺を目で見て取り去るという方法です。臭いの大元のアポクリン汗腺を実際に取り去れるので、その効果は高いといわれていますし、重度のワキガの場合は保険の適用もあり得ます。ただ、取り去っても再発する可能性、陰部などの他の部分の臭いがきつくなる可能性、傷痕が残ることなどから、受けたくても受けられない人が多いといわれています。

レーザーやボトックスという選択肢

レーザーやボトックスという方法で臭いを抑えるやり方もあります。ただ、これらの方法はその効果が一時的と言われています。つまり軽度であれば汗の多くなる夏場に合わせてこういった治療を行うことでどうにか症状を抑えられますが、重度の場合はこれだけでは効果があまり期待できないのです。それにこういった治療法は保険が使えないので費用が高額となりますし、毎年毎年行う必要があり、長期的に見て費用がかかるというネックもあるのです。

ミラドライという新しい治療法

ワキガの治療法として登場したのがミラドライです。こちらは切らないワキガ治療とも呼ばれるほどその効果の高さが知られています。マイクロウェーブによって汗腺のみを破壊し、臭いをなくすという方法です。これなら皮膚にメスを入れることがないので、傷痕の心配がないというのが魅力です。ただ、こちらは保険が使えないので治療の際に高額な費用が必要となりますし、まだ導入されて間もないので、全ての人に同等の効果があるとは言いきれない問題もあります。

ミラドライは、大手の美容外科などで取り入れられており、ワキガなどの症状を解消するために、人気の施術の方法として有名です。