結婚式でオススメのネイル!厳選のパターン!

結婚式のネイルマナーにあったものを

結婚式にしていくネイルのマナーって結構考えてしまいますよね?派手すぎなんてもってのほかですし、かといって地味なのもつまらないです。この中間くらいのデザインがあれば、どこに出席しても華やかさを演出できるのにと思うと思います。その選択肢のルールとして絶対条件なのが、カジュアルすぎるデザインと暗い色(ダークカラー)は避けるということです。この2つを意識するだけで、結婚式の出席者として、完全にマッチするものに仕上がります。

基本の色は、ベージュやピンク

結婚式ですので、新婦さんの色であるホワイトは避けがちですが、ネイルはファッションの面積として、狭いのでワンポイントくらいならOKです。ただし、ネイル全体の色として使うのはNGです。基本の色として、ベージュ、ピンクなどの肌なじみのいい色を選びましょう。そうすることで、自然な印象を与えられることができ、お祝いの雰囲気を醸し出せる効果があります。あくまでも、主役は新婦さんですので、控えめなデザインをするのが必須です。

出席する場所によってデザインを変えましょう

ネイルのデザインは出席する場所によって若干変えることをオススメします。挙式の場所でのネイルデザインは例えば、カラーは肌なじみのいいベージュやピンク。デザインは一色塗りのようなシンプルなものに。小さなワンポイントでのデザインを選びましょう。そして、披露宴に出席する場合は、挙式での場より少し華やかなものにしましょう。ただし、主役は新婦さんであることを忘れずに。あくまでも控えめのデザインを心がけると印象が違って見えます。

ネイリストは、ネイルのプロとして素敵なデザインを実現するための施術を行っており、お洒落な指先に仕上げてもらうことができます。